ホーム > 靴のサイズについて

靴のサイズについて

靴のサイズについて

靴の場合、サイズは非常に大切です。 きちんと自分に合った靴は、長く楽しく履きつづけられるものです。

靴のサイズはサイズ表示が同じであってもブランドによって異なります。
又、同一ブランドであっても、靴のタイプによって異なることもあります。
表示サイズはあくまで目安と考え、ご購入の際は是非試履きをして、サイズを確認する事をお勧めします。

又、当店にお問い合わせ頂ければ判る範囲でお答えさせて頂きます。
普段履いている靴の『ブランド名』や『靴(または箱)に表示されているサイズ』をお知らせ下さい。

一般的な国別のサイズ比較表

image_01.jpg

image_02.jpg

一般的な靴のサイズ選びポイント

image_03.jpg   【足長 - レングス -】
両足で立ち、均等な力を両足にかけた状態での踵の一番出たところから最も長い指の先端までの長さ。

【足囲 - ボール・ガース -】
足の親指と小指の付け根にある骨の一番張り出た部分を通るようにぐるっと足を一周した長さ。

【足幅 - ウィズ -】
両足で立ち、均等な力を両足にかけた状態での親指・小指の付け根の一番張り出た部分の長さ。
     
image_04.jpg   捨て寸とは靴を履いたときの爪先と靴との空間を指します。
歩行する際には足が前後に動くことになりますのでその分の余裕を靴にもたせることが必要です。
通常は1.0cm以上の余裕が必要で、自分の人差し指1本分位の幅が目安です。
甲の浮き具合に余裕がありすぎると痛みや角質ができる原因になり、またカカトからの着地がしにくく、 すり足になりやすくなってしまいます。 
PAGE TOP