ホーム > SWITCH+の考え

SWITCH+の考え

POLICY

FootwearSelectshop 『 logo.jpg

2002年7月15日に大阪南堀江にOPENしました。

店名である「SWITCH」には二つの意味を持たせています。
一つは「スニーカーのイメージや固定概念をスウィッチ(=切り替え)したい」
一つは「人生をスウィッチ(=切り替え)・・・店をオープンし新たな人生を歩む自分へのエール。

マーク.jpg」は‘'プラス記号'‘ではありません。
北欧諸国の国旗によく見られる、横線の長いもの。
優れたデザインや心地のよい製品が多い、北欧諸国の温かみある雰囲気を、当店でも感じていただきたいという想いをこめました。

logo.jpg 』では、「スニーカーの意識革命」をコンセプトに、ブランドや流行に左右されないシューズチョイスをしています。

****************************************************

shineスウィッチらしさshine
2002年7月15日、当店は『スニーカーの意識改革』をテーマに掲げ、
「スニーカー=運動靴」的なイメージを少しずつでも変えたいという思いでOPENしました。
そんな意味から”スウィッチらしさ”が一番感じられるのは年々向上したと思う商品構成でしょうか。
その商品構成はOPEN当初からの付き合いである靴好き常連さん方にも褒めて頂ける程で、
一歩一歩着実に前進出来ていると思います。
そんな商品構成は、年々、
①展示会発注分しか生産しない(フォローが出来ない)商品の比率UP。
②スニーカーといえどもナイロン、キャンバス以外は本革商品。
③価格もそこそこする(中心価格帯/1万5千円台~2万5千円台)。

となっていきました。
これらの特徴を僕なりに考えました。
すると、
①→同じモノが欲しくても買えない。
②→本革は履く程に足馴染みする。
③→世間一般のスニーカー価格帯よりも高い。

僕は思った⇒「履き潰すだけではモッタイナイ!」

そしてどうしたか?
約5年前から靴修理職人となった後輩の力を借りて、
「スニーカー修理が出来る体制にしたのです!」
当然と言えば当然ですが、当店でご購入頂いたお客様だけが対象となっております。
修理出来ると言いましても何でも修理出来る訳ではありません。
ご購入頂く際に、少し早口で一方的となりますが、
「修理の事」等はマル秘ポイントとして僕が必ずお話しさせて頂いております。
”修理は状態ありき”です。
ご購入頂く際にお話しするマル秘ポイント、これがとても重要になります。
今となっては当店最大の個性(”スウィッチらしさ”)となっているといって過言ではありません。

こんな”スウィッチらしさ”にご興味のある方々は、是非当店にご来店頂き、ご購入頂ければと思います。
心よりお待ちしております。

PAGE TOP